スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリック不要    05/27/2011
だから~「クリック不要」と言ったではないですか(笑)

大したものではないけれど、軽井沢の思ひ出の品。
引っ越しの時にほぼ空の瓶が冷蔵庫からでてきました。
なんとなく、ここに残しておこうかと思って。


04.jpg
スポンサーサイト
photos    11/02/2008

仕事に行くつもりで何気なく避暑地を選んで行った軽井沢。
そこでは、かけがえのない出逢いがわたしを待っていました。

毎日きれいな空を見て、おいしい空気を吸って・・
空を見上げるたびに感じました。
自分の心が透き通っているのを感じました。
キラキラしているのを感じました。
人間、こんなに清々しい気持ちになれるものなんだと思いました。

ふと振り返れば、いつも視界がぼやけてしまう。
幸せすぎて、涙があふれそうになる。

この先、
もしも死ぬほど辛いできごとがあったなら、
この軽井沢での夏を思い出すと思います。
もしも生きることに疲れてしまったのなら、
また軽井沢を訪れるのだろうと思います。

わたしでよかった、あなたに出遭えたから。
生きてて良かった、こんなにも幸せを感じられたから。






わたしはホテルの調理場でお仕事させてもらっていました。
バイキングの和食のお手伝い。
年配の板前さんたちにかわいがって頂いて、
仕事は毎日あっというま。
苦に思った日は1度もありませんでした。
みんないい人たちばかりでした。


挨拶を交わしているうちに仲良しになった用度のSさん、
今でも軽井沢の写真を添えてメールを送ってきてくれます。

いつも笑わせてくれた中国から来ている大学院留学生のPくん、
これからも頑張ってね。

同じ部屋のMちゃんFちゃん、
帰るときのドッキリにはどれだけ感動したことか。いつもありがとう。

若かりし頃はモテたであろう和食のムードメーカー板前のTさん、
居酒屋開店のときはお花を持って伺います。

絵を描きながら旅を続けているFさん、
素敵な絵のプレゼント嬉しかったです。大切にします。

食堂のみなさん、ホール方々、和食の方々、洋食の方々、親方、シェフ・・

本当にいろんな人がいました。
お世話になりました。





その中で・・

となりのバイキングの洋食で仕事をしていた女の子が、初日に話しかけてきてくれました。
そのときには思いもしなかった。
彼女の存在が、わたしにとってこんなにも大きなものになるなんて。

同じ年くらいかなっと思って年なんて気にしませんでした。
あとから聞けば彼女はわたしより10才上!!!
びっくり。でもわたし達の関係はとても自然なまま。何も変わらない。
一緒にキャーキャーはしゃいで。

じっくり話を聞いたら、やっぱり10年先輩なだけあるなってしみじみ思ったり。

彼女と居るとなぜかホッとしました。
安心しました。
わたしのことをすごく理解しようとしてくれて。
大切に思ってくれて。
いつも、わたしが彼女を"大好き"な分、"大好き"が返ってきました。
ううん、倍にして返してくれた。



そして彼女といつも一緒に居た1人の男性。
彼ともたくさん話をしました。
同じ匂いがして、彼もまた、違った角度でわたしを安心させてくれました。



わたしのことを全部わかってほしくて、全部見せたくて、話したくて。
話をもっともっと聞きたくて。

1度だけ、2人の間に座ったことがあります。
「世界一幸せな場所。」







そこに、彼の地元の同級生が加わって、
彼の可愛がっていたわたしの2才上の男の子2人も加わって、
いい時間を過ごしました。

みんなすごく個性的で、個性はバラバラ。
でも、きっとどこか似たもの同士に感じました。
わたしが思うに・・みんな心のより所を探していたんじゃないかな。

ある日、食堂のTさんが家族で経営するペンションにごはんを食べに行きました。

おいしいお酒、
おいしいごはん、
おいしい会話、

口々に「幸せ」という言葉をを言い合いました。
みんなの心がリンクしているようで、なんともいえないあの空気。

またいつか、こうやってみんなで乾杯できる日が必ず来ますように・・・

みんなの幸せを心から願います。

思ってもいいのかな・・思いたい、いやいや・・勝手に思っています。
ここがわたしのHOMEだと。











いつもの日常、当たり前の毎日、
楽しいこともたくさんあるし、充実感もある。
でもときどき感じる日があります。「わたしの心、今濁っているな」って。
そんなときはいつも夏の出来事を思い出します。
心がスーっとして、またがんばろうと思える。

次にHOMEに帰れるのはいつになるでしょうか^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。