スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『The Nanny Diaries』    12/19/2009
日本版のタイトル、すごくいいと思いましたー!
失敗じゃない?って思う時もあるけど、これはいいタイトル!『私がクマにキレた理由』!

なかなかおもしろかったです^^
私は結構好きかな~^^
スカーレット好きなので♪
ブロンドのイメージだったけど、黒髪も似合います!可愛い!!

一番最初に面接で逃げ出すAnnieの気持ち、わかるなあ。
シュウカツ頑張ってる人必見?かも?ね?



Directed by Shari Springer Berman, Robert Pulcini
Produced by Richard N. Gladstein
Written by Shari Springer Berman, Robert Pulcini
Starring: Scarlett Johansson, Laura Linney, Paul Giamatti, Alicia Keys
スポンサーサイト
『Bridget Jones's Diary』    10/28/2009
言い分けなく、大好きなんです。
もう何度も見てます。

でも記事に残したこと無かったので~久々に見たからメモっておこうかと。

女32歳、OL。
ぽっちゃり。お酒と煙草はやめられない。
それでも彼女はこんなに素敵!!!

ありそうでなさそうな、なさそうでありそうな。
そんなストーリーがドキドキさせてくれます。

何回見てもキュン

"I like you, just as you are!" ―君がすきなんだ。ありのままの君が。
言われたいぜよ~~(笑)




"Bridget Jones's Diary" (2001/UK, France)

Director: Sharon Maquire
Stars: Renee Zellweger, Hugh Grant, Colin Firth
『ニューシネマパラダイス』『コーラス』のゴールデントリオ(製作者×監督×音楽)らしいです!
どちらも見てない!見なきゃ!

main_large.jpg




これが見たかった・・というより映画が見たくて映画館に行って、たまたま見たのがこれ。

とても良かったです。
正直フランス映画楽しめる自信なかったんですけど、自然に楽しめました。
翻訳者さんが上手だったのもあると思うなあ^^

下町の小さな劇場“シャンソニア”
劇場で刻まれる歴史とともにそこで巻き起こる人々のドラマ

とても素敵でした。
下町のやさしさ溢れ出る感じがすごくあったかくて。

この(↑)女の子が舞台に上がるシーンは私も一緒に緊張してドキドキしたし、
エンディングは思っていた以上に驚きもあって感動しました。

このシーン(↓)も最高だったなぁ^^




sub1_large.jpg






"幸せはシャンソニア劇場から"  (2008 France Germany Czech)

chansonia_1_1b_imagePath_a.jpg

原題 FAUBOURG 36/PARIS 36
監督 クリストフ・バラティエ
出演 ジェラール・ジョニュ、カド・メラッド、クロヴィス・コルニアック、ノラ・アルネゼデール、
    ピエール・リシャール、ベルナール=ピエール・ドナデュー


『プール』    10/07/2009
台風が迫ってるというのに!
映画見に行ってきました♪
帰れるか心配しつつも・・結局行った。(笑)

台風が迫ってるというのに!
タイの晴れ晴れとした映像でなんだか気分が晴れました

少し前はこういう映画は楽しめなかったけど
今は‥
好きだなあ

こういう映画って言うのはなんていうか・・
雰囲気を楽しむというか、自分が感じたことを楽しむというか、そんな感じ。



でも。正直に言います。
最初の方で、小鳥のさえずりが気持ちよさ過ぎて・・


数分寝ました(笑)




答えのない映画だと思いました

あなたが見てあなたが感じたこと

それが答え

制作側の思いはそりゃあるだろうけど、
あなたが感じたことをあなたの答えとすればいい
そんな意図を感じたんだけど勘違い?(笑)



私は、軽井沢での私をなんとなく思い出し。
いろいろ考え。親子という人間関係は長年の私の難題なので。
でも、たとえ親がどんな生きかたしても、子供は悩むんだろうと思った。



我が家の場合は立場逆転かな。
たぶん・・私が小林さん演じる京子とかぶる。とてもかぶる。



私は小さい頃、何かにつけてたった1つの失敗を恐れてたな。
失敗なんて、たくさんすればいいのに。
失敗してもいいって知らなかった。いつも不安だったな。びくびくしてた。
人生は1回だけど、そう簡単には終らない。いろんなことができる。
好きなように生きなくてどうする^^




『かもめ食堂』みたいな感じです。


キーワードは、「ゲストハウス」、「親子」、「タイ」かな^^


原作もどんな書かれ方されてるのか気になるなあ。






"プール" (2009 JAPAN)
キャスト:小林聡美 伽奈 加瀬亮 もたいまさこ

『COCO AVANT CHANEL』    09/29/2009
大学で趣味の合う友人2人が良かったと言っていたので行ってきました^^


とても素敵な映画でした
久々に「いい映画みたなぁ・・」っという気分になりました
シャネルっていうブランドに対する見方も変わりました

音楽もとても違和感が無くて
いつ流れ始めていつの間に終ってたのかわからないくらい自然で
自然すぎて、音楽のアレクサンドロ・デプラさんすごいなって思いました

若い頃の彼女の躍進にスポットを当てた映画でした
彼女の伝記の1つが原作のようですが、
彼女の伝記、なんと40作以上もあるそうです

シャネルは、
コルセットをなくした人
女性のパンツスタイルを確立した人
ミニスカートを流行らせた人
でもあるそうです。

みなさん知ってました?



彼女の生き方、わたしはなんの抵抗も無く心からかっこいいと思えた






"COCO AVANT CHANEL" (2009)
監督:アンヌ・フォンテーヌ
出演:オドレィ・トトゥ


オドレィって『アメリ』の女優さんですよね
もしかしてって思ってましたが調べたらやっぱりそうだった^^
幼き私には『アメリ』は理解不能であまり面白かった印象はないのですが・・
もう1回見てみようかなあ・・
ロシア(?)の映画でした!

なんか私の感想は『サイボーグだけど大丈夫』と似たり寄ったりな感じ‥

毒の強い絵本っぽい感じがね・・

『サイボーグ~』よりはストーリー性があったかも。

でもなーんか命を粗末に描いてるところがすごく嫌でね~~~

前半はストーリー読めなくて、言葉も未知の世界だし、正直帰りたかった(笑)

後半はまあなんとか楽しめました!

楽しいのは絵と音楽!
情景とかシチュエーションが『ハイジ』のような『美女と野獣』のようなで可愛らしかった★

まあでも‥
オススメまではしません。

ただ主演女優さんがめちゃ可愛いい!!!!!!!!!!!!!!


以上。(笑)





あーでも隣のお洒落なおばあちゃんはめちゃめちゃ笑ってたなあ・・^^;

最近こういう映画すきです。
自分が大人になってきたってことかなー。

友達が読書離れが進むわたしに、この原作を紹介してくれて、
そのときに映画もあるよと教えてくれました。
で!土曜にたまたまTVでやっていたところを見事に視聴しました(笑)

前半、面白いの。面白いから忘れちゃうんだよ。
どこかひっかかるのに。どこがひっかかるのか。
おもしろくてわすれちゃうの。
よって・・○○(ご想像にお任せ)のラスト。という結果になりました。わたしはね^^
あまり書くのやめときます。
想像力を働かせて楽しんでほしいので。
映画の空気にのって楽しんでください。
これを見た日はすごくいい天気で、いい風が吹いていて、
この映画(を見るの)にピッタリの日でした。

好きだな、こういう雰囲気のある映画。




舞台は仙台ってところもわたしを引きつけるところがあって。

なぜなら~仙台はわたしが今世界で最も魅力を感じている場所だからです。
わたしは今まで仙台出身の女性に2人であったことがあります。
その2人はすごく魅力的で!自分をしっかり持っている素敵な女性でした。
理由はそれだけ。でも立派な理由でしょ?

その上この作品に出逢い、伊坂さん(原作者)も仙台に住んでいたって。
あー行きたい。憧れの仙台。

中村義洋監督の『ジャージの2人』って映画がこれまた気になってます。
舞台が北軽井沢なのよん。わたしの人生を変えた北軽井沢。
ジャージの2人にも何か変化があったのでしょうか?
『フィッシュストーリー』も見たいなー。





アヒルと鴨のコインロッカー (2006?)

監督: 中村義洋
脚本: 中村義洋、鈴木謙一
原作: 伊坂幸太郎
出演: 濱田岳 瑛太 関めぐみ 大塚寧々 松田龍平





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。