スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回、ちょっと前に私の韓国好きを話ましたが(気になる方はここ♪)、
その後この本に出会い、1日で読みました(笑)



私が言いたかった韓国の好きなとこ、ぜーんぶ書かれてました。
こんな国民性だからこそ、私は韓国に魅力を感じているんだろうな^^
日本との違いがストライクに私のツボにはまって、とてーも興味深い。

初対面の人を詳しく知ろうと質問攻めしたり、
困った時は細かいこと気にせずおもいきり頼り・頼られる関係を築きたかったり、
自分に韓国人っぽい気質があることにも気づきました。
韓国のドラマや映画の見すぎ?笑
でも確かに、影響は受けていると思う。
韓国人のそういうところを見て、励まされて、
尻込みせずに今行動に移せている自分がいるのかもしれません。

気になっていた誕生日のわかめスープの理由はこの本で初めて知ったな~。
それからソテジの影響も、表面的にさらっとしか知らなかったので。

筆者の方に1つ反論があるとすれば・・
途中、日韓女性の美意識の話が出てくるんですが、
一般的に、私にはどうしても日本人女性の方が美しく見える!!!笑



次はこれを読もうと思っています♪


そうそう、スッカラ5月号でも素朴な疑問がいくつか解決されましたよ♪




“ 韓 国 へ  
           愛 深 ま り し  
                       弥 生 か な    chako”
スポンサーサイト
コンバンハ!ハモネプるんるん♪chakoです^^

私的ことですが、今週末引っ越しまーす!県内ですけどねん♪

この先長期で家を空けることも考え、
いい機会と思って自分のすべての荷物を整理してます。

そこで迷ったのがかつての私のバイブル、矢沢あいさんの漫画。
他の本は潔く売っても、どうも手放しがたくて。
売るとしても、その前に・・と、本日1作読み返していました。


下弦の月 - Last Quarter - 愛蔵版【上・下巻】 - 矢沢あい



湧きあがる10代の感情。

当時、感じたことのひとつひとつを
「留めておきたい、忘れずにいたい・・」と思っていたけれど、
そんなことはもちろん無理。

けれど、文章にしておかなくても、
思い出の品を手にすれば思い出すものですね。



矢沢あいさんの漫画は、登場人物の誰に対しても自分を重ねられるところが魅力だと思っています。
「あ、こういうところ、●●と似てるな・・」とか。
登場人物に自分を重ねることでまた、気づけることがある

この作品で言えば、正輝君の本人も気付かぬ孤独や、
さえちゃんの母との葛藤、そして正義感がかつての私を思いださせました。
そしてまた、哲くんのような後先顧みぬ行動力や、
蛍ちゃんのようにありのままに気持ちを表せるナチュラルさにあこがれていたことも。
そして、イヴのように、生きることに疲れてしまったことも。

そんな私を、矢沢あいという1人の人間が漫画というものを通して、
どれほど支え、励まし、前を向かせてくれたかも。




このブログ横の帯にある、オススメ本棚にある矢沢あいさんの作品、
どれも全巻揃ってカバーまでついているんですが(笑)
やはり、今もこの先もわたしのバイブルだから、大切にとっておくことにします。

後悔する前に読み返してよかった。
きっとこれからも、その時々の私に必要な気付きを与え続けてくれることでしょう。

伊坂さんの本    02/05/2011
また買い漁っています。

かつてすべて感想を書こうと思っていましたが、それはもう無理~~。笑

わたしがムキになって頑張るのも無駄なくらいの素敵なファンサイトがありますので
もっともっと知りたい!かたはこちらへお出かけになってみてください^^ ⇒ 無重力ピエロ


いさかさん、(昨年?)10周年を迎えました。
記念なのか?小説以外の彼にまつわる本もよく見かけます。
ので買います。笑

今はエッセイと、「ゴールデンスランバー」読んでいます。
いさかさん原作の映画も全部みてから渡米したいけど、間に合うかな・・

「ゴールデンスランバー」まで、単行本になっています。
わたしは単行本を買って、おったり線ひいたりするので、それまでは読まない。
最近の作品も早く読みたい!けどもうしばらく読めない。読まない。笑

ちなみに、いさかさん意外の小説はほとんど、全くに近いくらい読みません。
なんか、わたしが大事にして生きていきたいことが詰まってるんです。

忘れていたことを思い出させられるんだよね。


『重力ピエロ』    10/08/2009
ほかの本の感想も書いてはあるけど‥下書き状態(^^;)
これがいちばん記憶が新しいので書いておきます。
他も徐々に仕上げて開封しますぅー^^;

これは先に手をつけるのを映画にしようか本にしようか本当に迷った。

で、本にした。

でも、映画からにすればよかったかなぁって思ってます。

まだ映画みてないけど(笑)
伊坂さんごめん!!

映画の宣伝と、私と同じく伊坂狂(←どのキョウの字にしようかかなり迷った)の友だちが
彼女のお気に入り第2位だっていうから期待し過ぎたかなあ?
しかもかなり一気読みしたんですけど、ちまちま読んだ方が効果的だった気がするなあ‥これは。
途中から感づいてたけど読んじゃったんだなあ(笑)

一箇所ありえないくらい号泣もしました。
結構ささいなシーンだったと思うんだけど。

また映画みたらストーリーとかも語ろっ。
とりあえずは私の読書に対する反省(笑)






『アヒルと鴨~』‥

うーん‥
ここは難しい

どちらが好きか、
難しい選択です。

どちらもありふれた日常を語るような出だしからありえない出来事につながるんだな。

あとは読む人の好み!!!

これは伊坂さんの作品を何作か読んだあとでも感激!衝撃!がありました。

だからすごく良い。ってことかな(笑)

私、泣いちゃったからなあ。伊坂さん作品で初涙でした。

案山子が出てくるんです。とても素敵な案山子が。

短編的に話が進むので読みやすいし、私も読んでる最中にあっちこっち行ってしまうから、本自体がそうなっていることがなんだか‥楽しく読ませて頂きました。

気づかされることが多すぎたなあ。何回でも読みたい。そういう意味ではやはりこれが私のイチオシ伊坂作品かな★
本を読め!③    07/15/2009
私が急に本を読めるようになったのは環境のせいもあると思うんですよね。
TV、PC、私の娯楽要素が娯楽じゃない日があって(笑)

テレビはリビングにあるんですが、ゴロゴロしながら見られる場所ではないんです。
PCは、これまた肩こりと足のむくみで疲れている日はにらめっこできなくて。

ごろごろしたい!でもまだ寝たくない!

そんな状況で本がとってもいいリラクゼーションの1つになりつつあるかも^^





私、本を読んでいるうちに、
あるキーワードがきっかけで自分の世界に飛んで行っちゃうんですよ(笑)
インターネットでリンクからどんどん飛んでいくようなものです。
だから、あたまのなかであちこち寄り道してるので
読み終えるまでに時間がかかります。

でね、線を引いたり、付箋をはったり、メモを書いたりしながら読んでみました。

そうすると、次それを見たときにそこから自分のヒラメキをまた思い出せるし!
「自分のヒラメキ忘れたくないな~」っていう気持ちとかそれに関する脳内リンクを
ちょっと横に置いて、またすぐ本の内容に集中できるわけです。
ちょっとこの読み方気に入りました。

ただ、これをやるには本を買わなくちゃいけないですよね~経済的ではない^^;(笑)
でも今のところ、読んでいる本は手の届くところに置いておきたいor人に貸したい本なので
・・まいっか♪




で、今日はレポートの課題の本をメモや落書きしながら(笑)読んでいて、
前に知り合いからもらったアドバイスを思い出したのでこれもここへメモっておきます。

その人は寝るときにベットのところに5冊ほどジャンルの異なる本が並んでいるらしい。
それをその日の気分ですこしずつ読み進める。

その理由は大きく2つ。
①面白いからと一気読みすると、その読んでいる瞬間は面白くても記憶に残らない。
②自分の記憶や、ほかの本の内容と頭の中でリンクさせて応用させながら読み進めていく。

最初にこれを聞いた時は、「絶対ごちゃごちゃになるでしょう~」と思ったけど
なんとなくわかる気がしてきたなあ。



私は基本的には広く浅くいろんなことに取り組むのが好きなんですが(笑)
テストとかは頑張る教科を決めて、特にその教科をひたすら頑張りたい人だったんです。昔から。
でも、それってよく考えたら応用力がないし、狭いですよね。
この上記の読書の仕方って、読書だけじゃなく、日頃大切な能力が気がする・・ので・・
読書でその力を養っておくのって素敵かも!!!



私みたいなのがなんで読書を語ってるのか本当になぞ(笑)
それだけ活字とお近づきになれた自分が嬉しいってことです^^
世界が広がる~~~♪





本を読め!②    07/12/2009
読書が苦じゃなくなりました。
電車で本を読んでる人。「すごいなあ」って思ってたけど・・
私もできちゃう!!!
渋々読むのではなくて、読書を楽しめるようになったことが嬉しいのです。
ちょっぴり大人になれた気分です。

私は、尊敬している友人たちからは「本を読め!」とよく言われておりました。
今までは、わかっていてもできなかった。

これで近づけるかも★






言葉が豊かな人って素敵だなと思う。


私が言いたいのは口がうまいっていうことではなくて・・
同じ意味を持つ言葉でも、選ぶ言葉によってやはり微妙なニュアンスの違いもあるし。

「おもしろい」、「楽しい」、それだけではなくて
私らしい表現のできるボキャブラリーを揃えたいです。

元気の出る言葉を発信できるようになりたい。

“言葉は芸術”最近そう思うんですよね^^





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。