FC2ブログ
うぅ‥‥    08/01/2010
韓国行きたい!
行きたい!行きたい!行きたい!

もう我慢できない!!!





昨日は家にある韓国の雑誌すべてに付箋貼りまくり(笑)

スポンサーサイト



◇◆ drama title ◆◇
아이리스
IRIS(2009/KBS 全20話)

◇◆ info. ◆◇
監督:キム・ギュテ、ヤン・ユノ

◇◆ cast ◆◇
イ・ビョンホン(キム・ヒョンジュン役)
キム・テヒ(チェ・スンヒ役)
チョン・ジュノ(チン・サウ役)
キム・スンウ(パク・チョリョン役)
キム・ソヨン(キム・ソナ役)
チェ・スンヒョン(BIG役) BIGBANのT.O.Pさんだよん♪
笛木優子(佐藤エリカ役)
美山加恋(ユキ役)

◇◆ story ◆◇
「略」・・っていうかあらずじ知らなくてもいいですって!楽しめるから!笑
(by chako)←サボるよね~~~~~~~笑







そろそろかなり前の話になってきました。
これを見ている頃は確かまだ寒かった(笑)

この話題作。
「米ドラマ『24』などを意識して・・」
やっぱりね。そうだと思ったよ。まさにそんな感じだったもん。

スケールはおっきい!頭使う!だから面白い!
んだ・け・ど!面白かったけど、私には何かが足りなかった!

韓国ドラマらしさをもう少し残してもいいと思うんだ。
や、残ってた・・かなぁ。残してあったかぁ。
私が「らしさ」と言いたいのは感情表現というか、感情の流れというか、そういったもの。

感情描写のシーンが少ないからこそ、その一瞬のシーンの表情でうったえていたかも。
ビョンホン、ジュノ、キム・テヒ・・うん。

たらたらしてたらスリルなくなっちゃうもんね。
これはこれでいいのかも。ただ、わたしはもっと・・感情描写のある描き方が好き。
チソンの『太陽を飲み込め』が結構似たような雰囲気のところもあってね、
私は『IRIS』と『太陽を飲み込め』だったら、後者がいいの。

だからって批判しているわけではありません!
だってあっと言う間に見終えたし。すっごく楽しみました。
見てない人は1度は見ていいと思います。(とか私に言われなくても見るってね^^;)
やっぱりダントツで迫力はあるし。
脳が刺激される(笑)
世の中の見方も変わるし・・
私は、「人間ってなんなんだ・・」とも思った。

先日のスイスの特急列車の事故も、
裏にはアイリスみたいな組織が絡んでることもありえるんだろうな~とか思っちゃったり。
影響されすぎ?笑

突然ですが、
「ソナとヒョンジュン、くっくいちゃえばよかったのに~~~!」(笑)
それじゃあ話がまとまらないってね^^;笑
でも私、ソナの肩持ちたくなっちゃう。彼女かっこよかったです。
もちろんテッヒーもかっこよかったけど。

一番好きなシーンはヒョンジュンとサウの銃撃戦。
だってサウの表情、すごく伝わってくるものがあったもん。

ときどき出てくる人たちがみな豪華なのもすごく楽しみでした。

TOPがたまにしか出てこないのにすごくオーラ放ってましたね。
毎回髪型も衣装も違って派手で・・素敵!1つの見どころですよね。
(でもスナイパーがあんな派手でいいの?笑)
意外とあっけなく死んじゃったけど^^;

TOPだけじゃなくて、派手に戦う割にみんな死ぬ時はコロッと死んじゃうんですよね、
アイリスは全体的に。(笑)

TOPはその後スンウヒョンとサンウと映画『砲火の中へ』に出ています。戦争もの。
これは絶対見たいと思ってる。

イ・ビョンホンはかっこよかったよ。私は落ちないけどね(笑)
私はね、彼は演技している時より素の時が好きです。
スマスマに出てる時とかさ^^

今、まだ地上波で放送されてるんでしたっけ?
韓国語のクラスのチングが、カットしまくりの話がとびとびでわかんない!って言ってた(笑)
私は見てないのでわかりませんが^^;

今の季節はクーラーの効いた部屋で見るにはいいスリルかも^^
見ている方、楽しんでくださいね~★

IRISのスピンオフ『アテナ』(キャストはフルチェンジします)、更なるスケールの大きさで描かれるそうですが。
ナンダカンダ、私絶対見ると思う(笑)
キャストがね、とても私好みなんです。こっちの方が。
今度はスエちゃんです。
ウソンssi、ドラマかなり久しぶり?
シウォンも出るんだよね?たっのしみ~~~~い★


◇◆ drama title ◆◇
태양의 여자
太陽の女(2008/KBS 全?話)

◇◆ info. ◆◇
演出:ペ・ギョンス
脚本:キム・イニョン

◇◆ cast ◆◇
キム・ジス(シン・ドヨン役)
ハン・ジェソク(キム・ジュンセ役)ドラマ『ガラスの靴』『モデル』古いってね^^;笑
イ・ハナ(ユン・サウォル役)ドラマ『恋愛時代』 映画『食客』
チョン・ギョウン(チャ・ドンウ役)

◇◆ story ◆◇
それぞれの理由でそれぞれの思いで、母の愛を望んだ血の繋がらない姉と妹。
過去の事件が今明らかに。

(by chako)




久しぶりに見たドロドロ系(笑)
キム・ジス演じるアナウンサーの姉に共感しすぎて毎話泣いたかもしれない。
妹に共感しろよっていう見方もあるかもしれないけど、私は姉の肩を持っちゃう。
安心できる心の居場所のない彼女の切なさ、ひしひしと伝わりました。
プライド、危機感、突然の発狂、どれもすごく理解できる。

韓国のドラマって、本当に上手い人(俳優)は見ている人に感情を疑似体験させますよね。
はらわたが煮えくりかえるようなイライラとか。
怒り狂いそうな悲しみとか。
凄いと思うんです。
・・私が感情移入しすぎ???私だけ???(笑)

逆にイ・ハナちゃんの演技でちょっと“夢から覚めちゃうな~”感。
いつも彼女の独特の雰囲気がいい感じに役柄に生きてる感じがしたけれど、
今回ばかりは逆効果に感じましたのよ。

わたしもドンウのような心広きナムジャに心支えられたい~~~~(笑)

ハン・ジェソク、除隊後のドラマ見たの初でした。
除隊後して時間が経つけれど『ロビイスト』とかも結局見てないので。
やっぱ体がキュキュっと締まって本当にかっこよくなった!
痩せれば超イケメンとわかっていたよ~~~★

彼も切ない役どころでしたよね。
ドヨンを支えたいのに、彼女は本心を打ち明けてはくれないから・・。

ハマるつもりなくても、1回見たらついつい見続けちゃうこの手のドラマ。
続けて見ると飽きるんだけどね。
たまに見るとやめられないね。
◇◆ drama title ◆◇
내생애 마지막 스캔들
ラスト・スキャンダル(2008/MBC 全?話)

◇◆ info. ◆◇
演出:イ・テゴン
脚本:ムン・ヒジョン

◇◆ cast ◆◇
チェ・ジンシル(ホン・ソニ役)韓国語の先生曰く韓国の小泉今日子。ご冥福を心よりお祈りいたします。
チョン・ジュノ(ソン・ジェビン役) みなさんご存知、ドラマ『IRIS』 私が初めて出会ったのはキム・ジョンウンと共演、ドラマ『ルル姫』
チョン・ウンイン(チャン・ドンファ役)ソン・ジェビンの兄役です 他、ドラマ『イヴの反乱』
ピョン・ジョンス(イ・ナユン役) そうそうそうだった!ドラマ『星を射る』 二児の母なのに美しいよね~

◇◆ story ◆◇
いくつになってもスキャンダルがあったっていいじゃない!?

高校時代付き合っていた、ソニとジェビンはひょんなことから再会を果たす。
ソニはCMにも出るような超美人、学園のアイドルだったのが今やちりちりパーマの主婦であり、一時の母。
一方ジェビン(芸名)は年齢詐称の(笑)超人気俳優。
あまりの変化に驚き、始めは拒絶しあう2人なのだが・・
(by chako)


チェ・ジンシルさんのドラマ見たいな~って思っていたので。
最初ちりちりパーマで出てきたときは驚いた!!韓国の小泉今日子と聴いていたから!
きっとキョンキョンはやらないもんね(笑)
でもそこが女優根性ってやつだよね!?

おもしろかったですよ^^
笑えるし、テンポもいいし、気楽に見られる感じ。息抜きできる感じ。
楽しく見られます^^

「ないない!」「しない!しない!」って思うことも多いけど(というよりそんなのばっかり 笑)
キュンしちゃうもん

私はね、ジュノssiはやっぱりラブコメやってる時の方が好きだなあ~♪

ウンインssiもまたいい味出していますよね。いつも出しているけど。
昨日NHKのお昼の番組でフィンランドの首都ヘルシンキ(Helsinki)のことをやっていたんですよ。
昨年友人が中学時代の担任に会いに行くと出かけ、
「よかったよ~~!」っと大騒ぎだったのをふと思い出して見てました。

写真は見せてもらったことあったけど、それは冬だったこともあり、
映像で見るとまた一味違った印象を受けました。

話を聞いているだけでは湧かない北欧のイメージが感じられました。

ごちゃごちゃしていなくて、
町の雰囲気というか外観はすごくスッキリしていて、
緑が多くて、路面電車が走って、

すごくゆったりしていました。

夏が短いからと、日光浴をしている人があちこちにたーくさん。
会社で働く人も、外に出てコーヒーブレイクしてました。

ごく自然に当たり前のように、季節の流れを楽しんでいる感じが素敵でした。
自然と仲良しな感じが素敵でした。

ヘルシンキもサウナがある国で、
大衆サウナの人たちが外(屋外と言いたい)とサウナを行ったり来たり。
普通の町の中に裸の人の群がりがあるような景色です(笑)
でも、そういうのっていい^^

ゆった~~~り、まった~~~り

"ヨーロッパ"っていうイメージとは少し違いますね。

公用語はスウェーデン語とフィンランド語。
ぱっと見、全然似てない。似てそうなのにね。
韓国語と日本語みたいな感じだろうか?(笑)

夏には多くの人がサマーハウス(だったかな?)という
川辺や海辺のコテージで過ごすのだそう。
やっぱり自然の流れを楽しんでる。

冬はどっさり雪が降るもんね。

是非行ってみたい国となりました。
きっとのんびりできるよ。




そうそう、邦画『かもめ食堂』もここの話でしたよね^^
「猫を飼うことになったので帰れなくなりました」
私もそんな理由でこの国に居座りたい(笑)




【002/Finland-01】